掃き溜めブログ

毒にも薬にもならない掃き溜め送りのクソ記事 Twitter @Altale_elf

シャドバに負けたものの末路

めっちゃこのブログ放置してるのクソウケる

シャドバやめたからネタ切れしてたんですけどね

じゃあ何を書くかってところで、俺には文才も持ちネタの面白い話もない。じゃあ、人のネタをパクるもといオマージュしたり借りたりして、それっぽい小ネタみたいなのを書けばいいんじゃね?という結論に至ったのでそういうことにします。

じゃあまずシャドバネタから一つくだらない話をしよう。「淫夢バース」ネタだ。俺はシャドバをSTD期、収穫祭がナーフされる前からやっていた(まだA帯にも辿り着けてなかった雑魚だったが)。もちろんその頃から淫夢バースのアーキタイプなるものは存在していた。この頃はまだ有名というにはほど遠く、もこうキッズは知ってる、カード好きが知ってる、くらいのものだった。

しかし、運営元がサイゲームスなので金の力で有名になった。なんだかんだでSTD期もやっていた連中が失敗と嘆いていたダークネス・エボルヴである程度のプレイヤーを獲得できていた。この頃にもRAGEという大会が開催されたり、もこうがマスターランクになってキッズがウキウキしたりと色々あった。それもあり淫夢バースの投稿動画はちゃくちゃくと増えていった。

個人的にRoB、すなわち淫夢バース問題が出てくる前あたりの個人的に有名だと思う動画をいくつか紹介する。昔は試合自体というよりは音声素材とか使ってMADにしたのが人気だった。土方とかゆうさくとかまだ流行ってたしな。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm29598182

http://www.nicovideo.jp/watch/sm29538060

http://www.nicovideo.jp/watch/sm29329444

特にSTD期はまだ、運営がポンコツなのがバレてなく、さらに研究自体もそこまで進んでいなかったので反乱者は少なかった。かく言う俺もDRKまでは運営の犬だったわけだが。

この頃はまだガチデッキ、環境デッキに近いものが投稿されても特に何もなかった。

時は移りRoB期になると淫夢を知らない人も見たことあるだろうこの動画が登場する。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm30359762

そして、このあたりから動画投稿者が増えてきたのだ。例の紫色の人の動画作成講座があったり、環境が作りやすくなったり、素材が増えたりと色々あり参入者も増え、それに比例して質の悪い動画も増えた。そして「見どころ要求カス」や「プレミ指摘野郎」、「動画投稿しなくていいよ宣言」「低ランク帰れマン」などの視聴者の質も下がった。

そもそも何故淫夢バースが流行ったのかというと、シャドバで動画を作ろうとすると再生数が稼げるからだ。この記事を読むような暇人はシャドウバースでタグ検索して投稿日順にでもしたりしてみろ。ワンサカ出てくるぞ。ちなみにyoutubeは普通の動画でもランクが高ければまあまあ再生される。

んで、まともに淫夢知らない「淫夢素人」「ホモガキ」みたいなのが作るから叩かれる。淫夢厨には自治厨が多いから語録覚えろカスとか言いがち。後対立煽りとかもそこそこある。編集が面白い動画で「アイドルマスター」のネタが使われると「マス豚キモい」みたいなコメントが大体プレゼントされたりしてる。

でも、淫夢自体が釣り、荒らしコンテンツから出来てきたコンテンツだから、俺は荒れようがどんなネタ使おうがコメントが批判ばっかだろうが面白ければいいよ。

ただ、今の淫夢バースが向かっているのは破滅の道(ゲームもある破滅しかかってるが)だからこのままだと確実に消え去る。アンチ淫夢バース派にとってはいいことかもしれんが。個人的に淫夢バース面白いやつは面白いと思うので細々と生き残っては欲しい。

今だいぶ何言ってるかわからなくなってきた。やばい。文章力が低すぎる。

思ったことをまとめると、淫夢バース問題は今までに様々なコンテンツを流行らせ弄び、破壊してきた「例のアレ」カテゴリが持つ特有の性質に取り込まれ、死んでいく、というコンテンツの一生をよく表してるな、ということだ。

次は何が破壊されるんだろうかね。